【献立】ぷっくり卵が写真映え!目玉焼きハンバーグの献立

今回の献立は【見た目100点なハンバーグ】をテーマに、ちょっとした記念日にもぴったり合うようなメニューにしてみました!

The洋食レストランな献立!

お付き合いが長かったり、一緒に暮らしたりしていると、記念日も色々増えますよね! ワインなどを買ってきて、おうちでのんびりお祝いするのも、とっても楽しかったりします。 ぎゅっと美味しさが詰まったハンバーグに、美味しいパンの組み合わせはそんな日にぴったりです! サラダも多めにして、くどくならないようにするのがおすすめです。

今回の献立のレシピ一覧

昔ながらの味付けの決め手はある調味料!子供も大人も大好きなまろやかな味の煮込み風デミグラスハンバーグのレシピを紹介します。この料理を作った背景デミグラスハンバーグは定番ですよね!昔からこの煮込み風の味つけが大好きで育ってきました。この何ともいえないまろやかでコクのあるソースのポイントは牛乳です!彼は、何の調味料のおかげなんだろう?とずっと気になってたようです。笑あと、目玉焼きのとろっとした黄身との相性が良いのは想像通りだと思うのですが、私的には、白身と一緒に口に入れるのが大好きです。笑焼き方...

この献立で得られる主な栄養素

ビタミンA

たまごに含まれるビタミンA。目の機能や皮膚・粘膜を健康に保ち、感染症などを防いでくれます。ビタミンAは脂溶性なので、ハンバーグと一緒に食べると身体への吸収率がUPするので嬉しい組み合わせです。

ビタミンB2

たまごとお肉に多く含まれる発育ビタミン。身体の細胞の再生、成長を促進してくれるので、不足しないように摂りたい栄養素です。水溶性であるため、身体から排出されやすいため、過剰症などはほとんどありません。

全体の手順

1:ハンバーグのタネを作る。(成形まで) 2:サラダやパンを盛り付ける。
ワンポイント
この間は、ハンバーグのタネを寝かしてあげることで、玉ねぎなどの水分がなじんで、ふっくら仕上がります!
3:ハンバーグを焼く。(ソース含め仕上げる) 4:目玉焼きを作って、盛り付けたら、完成!

最後に

写真の目玉焼きのぷっくり具合のコツも参考にしてみてください! ご参考にしていただければ幸いです(^^)