【献立】アンチエイジング効果!鮭おにぎりとおかずを楽しむ和食ワンプレート献立

今回の献立は【和食でアンチエイジング】をテーマに、鮭おにぎりを中心としたワンプレートメニューにしてみました!

見た目も楽しいアンチエイジング和食プレート!

消費期限が近いイクラとじゃがいもに、熟れたアボカドがあったので、どうにか全部使えるようにと思いワンプレートにしてみました。 鮭ごはんは、冷凍保存しておいたものを解凍しています! 炊いたら、その日食べる分よりも優先して、ラップに包んで冷凍しています。 そうすることで、「あれ、今日も炊いたんだ?」と聞かれるくらいの冷凍ご飯になります! 品数は、鮭おむすび(大葉&イクラ)・ブロッコリー・トマト・アボカド・卵焼き(出汁)・ひじきの煮物・シャーマンポテト・梅干し・かぼちゃサラダの9品です。

今回の献立のレシピ一覧

和風のかぼちゃの煮物を洋風にリメイクして、2度楽しみましょう!特別な味付けいらずなかぼちゃサラダのレシピを紹介します。この料理を作った背景かぼちゃは、レンジで加熱してからカットしているので、どうしても一度に調理しないといけない...。なので、かぼちゃの煮物をたくさん作って、飽きてきたらかぼちゃサラダにして楽しみます!煮物に一度しているおかげで、下味がついているような感じで、とても美味しいです。調理時間:3分食べた人(婚約者)の感想かぼちゃの煮物のリメイクと聞いてビックリ!どうやって作ったのか食べる時...
鮭ご飯…準備中です。

この献立で得られる主な栄養素

ビタミンE

カボチャに多く含まれる、強力な抗酸化力をもつ栄養素。 ブロッコリーなどのビタミンCと一緒に摂ると相乗効果で、より強力な抗酸化作用を発揮し、アンチエイジングなどに役立ちます。

アスタキサンチン

カロテノイドの一種である赤い色素。鮭やいくらの赤色はこのアスタキサンチンによるもの。なんとビタミンEのおよそ1000倍の抗酸化作用をもちます。アンチエイジング効果や美肌・美白効果も。

DHA・EPA

鮭といくらに豊富に含まれています。血液をサラサラにして脳機能を強化します。

全体の手順

1:フライパンで卵焼きを作る。
ワンポイント
冷凍鮭ご飯をレンジで解凍!
2:卵焼きを作ったフライパンを軽くふき取り、そのままジャーマンポテトを作る。
ワンポイント
炒めている間、おにぎりを作り器に盛る。常備菜を順々に盛り始める。
3:全体のバランスを見ながら盛り付けて、完成!

最後に

色々な味付けのものを盛り付けると、自然と彩りも良くなる気がします。 卵焼きが面倒な時は、茹で卵にしたりすればさらに楽ちんに! お味噌汁なんかを添えてあげれば、もう完璧です。 ご参考にしていただければ幸いです(^^)