【レシピ】ルウを使わず作る!ホワイトシチューの作り方

ルウなし・隠し味もなしの王道レシピ!火加減を注意すれば分離もせず作れて美味しいホワイトシチューのレシピを紹介します。

この料理を作った背景

じっくりことこと…なんて聞くと食べたくなってしまうホワイトシチューですが、彼は固形ルウを買ってきて作るイメージだったようです。 なので、私が小さい頃、はじめて一人で作った料理でもあるホワイトシチューを思い出しながら、一から作ってみました!隠し味もなく、王道な食材を使って仕上げたシチューになってます。 ブロッコリーは、一緒に煮込んでしまうと、ルウに緑色の房がぽろぽろ散らばってしまうので、別で用意して飾った方が見た目もきれいに仕上がります。ブロッコリーのビタミンCは水に溶けだしやすいので、茹でるよりも、蒸し器やレンジで火を通してあげる(無水調理)と栄養素を効率よく摂り入れられます。 また、白コショウ・黒コショウなど胡椒にも種類がありますが、ホワイトシチューのような白色に仕上げたいものは、白コショウだと黒い粒粒が見えないので、おすすめです! 調理時間:30分

食べた人(婚約者)の感想

ホワイトシチューを自分で作るときにはいつもスーパーでルウを買って作っていたのですが、今回ルウを使わず作ったとのことで驚きでした笑 野菜も栄養たっぷりの皮つきで入っており、栄養満点のシチューだと思います! またお願いしたいと思っております。

材料(2人前)

食材

鶏もも肉…1枚 にんじん…1本 じゃがいも…2個 玉ねぎ…1個

調味料

小麦粉…大さじ2 水…1カップ 牛乳…1と1/2カップ ブイヨン…大さじ1 塩胡椒…少々

飾り付け

ブロッコリー、パセリなどお好みで

作り方

1.下準備

にんじん・じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま乱切り、玉ねぎはくし切りにする。 鶏もも肉は一口大に切る。

2.炒める

鍋にサラダ油を熱し、野菜を入れ軽く炒める。 小麦粉を加え野菜全体になじむようによくかき混ぜる。

3.煮込む①

鶏もも肉・水・ブイヨンを加え、沸騰させる。アクが浮いたらきれいに取り除く。

4.煮込む②

牛乳・塩胡椒を加えたら、沸騰厳禁で、コトコトと煮込む。 野菜に火が通ったら、完成。 (ブロッコリーを飾る場合は、蒸し調理にし、器の上で飾る。)

コツ・ポイント

小麦粉を野菜になじませておくことで、ダマになるのを防げます。野菜もまだかたく崩れたりしないので、思う存分かき回してなじませるのがコツです! 水や牛乳を加えた以降は、特にじゃがいもが柔らかくなってくるので、あまり混ぜたりせず、そっとして待ちましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか? にんじん・じゃがいもは、自然の厳しさから身を守るために、皮のあたりに栄養がたっぷり詰まっているので、よく洗って皮をむかずに調理してしまうのがおすすめです! シチューとしてコトコト煮ることで柔らかくなり、食感も良いので、是非お試ください!