【レシピ】栄養も調理も良いことづくし!鮭のホイル焼きの作り方

栄養をぎゅっと閉じ込めて逃がさない!フライパンも汚れない鮭の包み焼きのレシピを紹介します。

この料理を作った背景

寒くなってくると食べたくなる鮭の包み焼き。 栄養は逃げないし、柔らかく仕上がるし、フライパンすら汚れないので洗い物も減るし、実はとても優秀な料理なんです。ぜひ、積極的に作って栄養をたくさん摂り入れましょう! ちなみにお味噌の種類は、白みそが私の好みでよく作るのですが、もちろん合わせ味噌でも同じ分量で美味しく作れます! 白みそだと、洋風にもアレンジできておすすめです。 調理時間:20分

食べた人(婚約者)の感想

これは味付けと食感が良く、美味しかったです! ホイルで蒸し焼きにしてある為か、鮭も柔らかくて食べやすく良い感じです。 今回はビタミンD豊富な舞茸が一緒に入っていましたが、ビタミンDは魚のカルシウムの吸収を助けてくれるので、組み合わせとしてもバッチリですね!

材料(2人前)

食材

生鮭の切り身…2切れ(人数分) 玉ねぎ…1/2個ほど きのこ類…お好みで

調味料(タレ用)

味噌…大さじ2 みりん・酒・砂糖…各小さじ2 しょうゆ…小さじ1/2 バター…10g

作り方

1.下準備

玉ねぎは薄くスライスしておく。 タレ用調味料を、バター以外合わせておく。

2.包む

クッキングシート(またはアルミホイル)に、玉ねぎを敷き、鮭をのせタレを塗ったら、きのことバターものせる。 漏れ出ないように、きっちりと両端をねじったりして包む。

3.蒸し焼きにする

フライパンの上に包みをのせて、蓋をしたら、中火~強火で10分加熱する。 少し覗いて、鮭の表面が白くなっていたら完成。

コツ・ポイント

鮭は、塩鮭だとしょっぱくなってしまうので、必ず生鮭がいいです。 鮭が中まで火が通っているか、不安な場合は、さらに加熱するのではなく、火を消して蓋をしたまま余熱調理すれば、やわらかく完成します! タレの調味料は、2人分なので、ひとつに全部使ってしまわないよう気をつけてください。

最後に

いかがでしたでしょうか? お魚はグリルで焼くより、ホイルで包み焼きにすると栄養を逃さずいただくことが出来ます。 相互作用のある栄養をもつお野菜と一緒に摂ると最高です! 是非お試しください(^^)