栄養とおうちごはんに関するレシピブログ。20代夫婦の2人で毎日レシピと栄養の情報をお届けします!

Nutri+

レシピ

【レシピ】苦味は抜かないで!ゴーヤチャンプルーの作り方

更新日:

旬の夏にぜひ食べたい!栄養満点のゴーヤチャンプルーのレシピを紹介します。

この料理を作った背景

夏に旬のゴーヤが、彼は大好きだそうでリクエストに応えてみました。

ゴーヤは苦みが特徴ですが、ゴーヤチャンプルーは卵やごま油で比較的まろやかになるので、食わず嫌いの方でも挑戦しやすいです!(私の経験談)

厚揚げではなくて、木綿豆腐が入っているのをイメージするかもしれませんが、栄養面だと厚揚げの方が優れているので、厚揚げがおすすめです。

調理時間:15分

食べた人(婚約者)の感想

夏になったら絶対ゴーヤチャンプルーですね!今この記事を書いている冬でも食べたいくらいです(笑)

ゴーヤはビタミンCや食物繊維、カリウムなどが豊富で、夏バテ予防にぴったりの食材です。
独特の苦味の成分である「モモルデシン」(消化液促進により食欲増進効果あり!)は水に溶ける性質を持っているため、水にさらしておくと苦味は抜けます。

しかし!水にさらして苦味成分を無くしてしまうと、同じ水溶性の栄養素であるビタミンCやカリウムなども抜けてしまう為、栄養スカスカで夏バテ予防に役立たなくなってしまいます。

炒め料理のゴーヤチャンプルにすることで、ゴーヤのもつ栄養素をどれも効率よく吸収できるので、理にかなった調理法ともいえます(^^)

こんなこと書いていたら食早くべたくなってきてしまいました(笑)

材料(2人前)

食材

ゴーヤ…1/2個
豚肉…200g
厚揚げ…一丁
卵…1個
塩胡椒・小麦粉…少々

調味料

しょうゆ・酒・オイスターソース・和風だしの素…大さじ1

飾り付け

お好みでごま油を少しかける。

作り方

1.下準備

ゴーヤは、縦半分に切り、ワタを取る。
厚揚げは、短冊切りにしておく。
豚肉は、塩胡椒・小麦粉をまぶしておく。

2.炒める

フライパンに、調味料すべてと、ゴーヤ・豚肉・厚揚げを入れて炒めたら、溶き卵を加え、卵に火が通ったら完成。

コツ・ポイント

溶き卵は、炒めているうちに、きれいにそぼろになってくれます!

最後に

いかがでしたでしょうか?

独特な苦味をもつゴーヤを使った代表的料理、ゴーヤチャンプル。その苦みは抜かないで食べることで、夏バテ予防・体力増進になります!
是非そのままの苦味を楽しんでみてください(^^)

レシピブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただけたら嬉しいです!

-レシピ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Nutri+ , 2018 All Rights Reserved.