【レシピ】簡単トマト缶料理!茹で汁活用のロールキャベツ(トマトベース)の作り方

キャベツの茹で汁を有効活用することで、ビタミンもばっちり逃がさない!トマトベースのロールキャベツのレシピを紹介します。

この料理を作った背景

記念日なので、ちょっと手の込んだ感じを見せつけたい!と思って作りました。笑 キャベツの茹で汁には、キャベツが持つビタミンcが溶け出しているので、捨てるのはもったいないです。 せっかく作るからには、栄養素も余すことなく摂り入れちゃいましょう! コンソメベースも好きですが、トマト缶のリコピンのことなどを考えると、トマトベースのロールキャベツの方がおすすめかもしれません。 また、キャベツは1玉で買った方が安いですし、ロールキャベツを作れば外側から剝がして小さくなるので、冷蔵庫保存もしやすいです。 このロールキャベツから、ミネストローネなすのボロネーゼトマトソースパスタ鶏もも肉の煮込みとリメイク料理が続きます! 調理時間:50分

食べた人(婚約者)の感想

ロールキャベツ美味しいですよね!実家ではロールキャベツを留めるのに爪楊枝を爪楊枝を使っていましたが、今回はかんぴょうが使われており、こだわりを感じました…! めっちゃ美味しかったですが、茹で汁もそのまま味付けに使うとのことでしたので栄養もバッチリそうですね! また食べたい一品です。

材料(2人前)

メイン

水…250cc 合いびき肉…300g キャベツ…1玉で買い、外側から必要枚数分 玉ねぎ…1/4 卵…1個 パン粉…1/2カップ 塩胡椒…少々 かんぴょうまたは爪楊枝…適量

調味料(スープ)

トマト缶…1缶 キャベツの茹で汁…すべて ケチャップ…大さじ4 コンソメ…大さじ1と1/2

飾り付け

パセリなどお好みで

作り方

1.下準備

水250ccを沸騰させ、キャベツが巻ける程度に柔らかくなるように茹でる。 キャベツは熱いので冷ます。

2.タネ作り

玉ねぎはみじん切りにし、合いびき肉に調味料とともに加えこねる。このタネを等分にし、キャベツで巻く。 巻いた後は、もどしたかんぴょうか、爪楊枝で止める。

3.煮込む

キャベツを下茹でした鍋(茹で汁入り)に、ロールキャベツを巻き終わりが下になるように並べ、スープ用調味料を全て入れ煮立たせる。 煮立ちアクを取ったら、弱火で20分ほど煮込む。

コツ・ポイント

キャベツに対して、水の量が少なく感じるかもしれませんが、芯を意識して入れていくと、意外と一気に茹でることができます。 葉の方は、蒸気でしんなりしてくるので、やりやすいです。 破れてしまっては意味がないので、丁寧にトングなどで湯に当たる部分を変えてあげてください。 かんぴょうで結ぶと一気にレストランのようになるのでおすすめです。 いつも作りたい個数の半分の数のかんぴょうをもどし、包丁で半分に切り使っています!

最後に

ロールキャベツは手で巻くしかないので、愛情がこもるような感じがしますよね! 特別な日のおうちごはんに是非お試しください!