栄養とおうちごはんに関するレシピブログ。20代夫婦の2人で毎日レシピと栄養の情報をお届けします!

Nutri+

レシピ

【レシピ】ミネストローネをリメイク!なすのボロネーゼの作り方

更新日:

お肉がごろごろ入った食べ応え満点のなすのボロネーゼのレシピを紹介します!
今回はあまったミネストローネ利用しているので、野菜のうまみが出ていておいしいです。

この料理を作った背景

ロールキャベツの後ミネストローネを楽しんだら、少しだけあまりました。

そこで、味付けをし直してボロネーゼパスタにできないかなと考えてみました!
ミネストローネを経由しなくても、ロールキャベツからも作れます。

(今回の料理写真、2人分作った後1人分に変更になったので、具がかなり多くなってしまってます。笑)

調理時間:15分

食べた人(婚約者)の感想

普通にボロネーゼとして食べて美味しかったのですが、ソースをどうやって作ったのか聞いたところ、なんと前回のミネストローネをもとに作ったとのことでビックリ!

ロールキャベツ→ミネストローネ→ボロネーゼと生まれ変わり、どれも楽しめました(^^)

材料(2人前)

食材

パスタ…人数分
ミネストローネ(またはロールキャベツ)のあまり…おたま1杯分ほど
牛ひき肉…100g
なす…1本

調味料

塩胡椒…多め
マスコットフーズのイタリアンパセリ…適量

仕上げ用

バター…10g

作り方

1.茹でる

パスタを表示通り茹でる。

2.炒める

ミネストローネのあまりをフライパンに入れ火にかけ、軽く水分を飛ばす。そこに牛ひき肉となす、調味料を加え炒める。

3.仕上げ

パスタにバターを絡め、お皿に盛り、具をかける。

コツ・ポイント

味がボケないように軽く水分は飛ばしますが、パスタに合わせるので、ぱさぱさにはしない方がいいです。
今回は、牛ひき肉でしたが、合いびき肉などでも味が丸くなって美味しいと思います!

また、ロールキャベツのあまりで作る場合は、味が濃いと思うので、水分は飛ばさなくて大丈夫です!

マスコットフーズのイタリアンパセリは無ければ入れなくても大丈夫です。でも、お家にあるとちょこちょこ使えておすすめです。
なかなか減りませんが…。笑

最後に

いかがでしたでしょうか?

トマト缶を買うとなかなか使い切るのが大変ですが、全部一度で使い切り、工夫次第で美味しく楽しく生まれ変わらせちゃえます!

今回はロールキャベツ→ミネストローネ→ボロネーゼでしたが、他にも色々できそうですね!

是非お試しあれ(^^)

レシピブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただけたら嬉しいです!

-レシピ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Nutri+ , 2018 All Rights Reserved.