栄養とおうちごはんに関するレシピブログ。20代夫婦の2人で毎日レシピと栄養の情報をお届けします!

Nutri+

ビタミン

【栄養素】強力な抗酸化作用と血行改善で健康に!!ビタミンEの特徴と作用とは?

更新日:

超強力な抗酸化作用による生活習慣病の予防や、血行改善による冷え症対策にも有効という万能なビタミンE

その詳細についてみていきましょう!

ビタミンEの特徴とは?

生活習慣病予防と冷え症改善に有効!

ビタミンEは身体の酸化を防いでくれるというのが主な特徴です。

普段から意識して摂れば、生活習慣病予防になるので積極的にとりいれたい栄養です!
では以下に具体的な作用をみていきましょう。

ビタミンEの作用

強力な抗酸化作用

身体の細胞の老化を促進してしまったりする活性酸素を除去してくれる働きをもつ抗酸化作用ですが、ビタミンEは特にこれが強力です!

普段からビタミンEを意識して食事をとれば、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。

血行改善作用

ビタミンEには血行を良くする働きもあるため、冷え症や肩こり、頭痛などにも改善効果がみこめます!

また、血液中のコレステロールを運ぶタンパク質の酸化を防ぐことで、動脈硬化予防にもなります。

ビタミンEの上手な摂り方

同じく抗酸化作用のあるβ-カロテン、ビタミンB2、ビタミンCなどと一緒に摂取すると抗酸化力がアップします!

また、ビタミンEには超強力な抗酸化作用は、酸化しやすいDHA、EPAを取り入れるときにセットにすると効果的です!(お魚とかぼちゃの煮物など)

調理上の注意点

ビタミンEは鉄・アルカリ・紫外線により分解される性質があります。
鉄が豊富な食材と一緒に調理するのはもったいないでしょう。

過剰摂取すると?

ビタミンEは過剰症の害はほとんどないとされています。

そもそも身体の1日のビタミンE耐容上限量が650~900㎎(年齢性別による)ですが、これはうなぎのかば焼き(ビタミンEトップレベルで豊富な食材)130~180串相当になるので、過剰摂取すること自体が難しそうです笑

ビタミンEが不足すると?

細胞膜が酸化により損傷し、赤血球が破損してしまいます。
赤血球の破損によって貧血が起きるので、貧血気味の人はかぼちゃなどを積極的に食べると良いでしょう。

ビタミンEが含まれる主な食材

・かぼちゃ
・アーモンド
・うなぎ
・モロヘイヤ

最後に

まとめると、ビタミンEは老化防止・肩こり・頭痛・冷え症・貧血予防などに有効です!
上記のうち一つでもお悩みの方は積極的に摂っていくことをおススメします!

レシピブログランキングに参加中です。
応援クリックしていただけたら嬉しいです!

-ビタミン
-, , , , , , ,

Copyright© Nutri+ , 2018 All Rights Reserved.